Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Profile
BIGLOBEのページはこちらから
qrcode
Twitter
New Entries
Recent Comment
  • DRM保護付きのWMAをMP3に変換する方法について〜森大輔くん普通にCD出してください(^^;)
    wma mp3 変換 (03/01)
  • 週末にチェックしたDA PUMP出演3番組
    Elly@管理人 (01/03)
  • 週末にチェックしたDA PUMP出演3番組
    ncmis (01/02)
  • DRM保護付きのWMAをMP3に変換する方法について〜森大輔くん普通にCD出してください(^^;)
    Elly as 管理人 (03/13)
  • DRM保護付きのWMAをMP3に変換する方法について〜森大輔くん普通にCD出してください(^^;)
    wma mp3 変換 (03/13)
  • 久保田利伸さんライブ 東京国際フォーラム一日目
    happy (06/09)
  • 久保田利伸さんライブ 東京国際フォーラム一日目
    Elly@管理人 (06/09)
  • 久保田利伸さんライブ 東京国際フォーラム一日目
    happy (06/06)
  • EXILE TRIBEメンバーの誕生日をまとめてみました
    さっぴー (01/27)
  • EXILEメンバーの誕生日をまとめてみました
    ヤンキー (08/13)
Recent Trackback
Category
Archives
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
久保田利伸さんのライブツアー「Timeless Fly」セットリスト
1/16 DA PUMP LIVE 2010 FIRST STORM @ZEPP TOKYO 行ってきました
JUGEMテーマ:DA PUMP(ダパンプ)


今回のライブは、昨年のツアーの追加公演という位置づけだったようですが、
約一ヶ月前に突然流れた「KEN脱退」のニュース。

一体どんな感じになるのか、
個人的には別に不安とかは無く、
期待を持って会場へ向かいました。

しかしまぁ、お台場は遠いですねぇ。
遠いというか交通費高いっ!

自分ちから行くには、
りんかい線の東京テレポート駅を利用するのが一番スマートだと今回学習しました。

はい、本題に戻りましょう。

17:30の開場時間に合わせて現地へ着きましたが、
入り口ではたっくさんの人がいて、

係員「はい、それでは整理番号1番から20番までの方〜〜〜〜」

なんてやってまして、
とっても寒かったし、私のチケットの整理番号は「1569番」と果てしなく後ろだったので、
隣のMega Webをうろうろして暖を取ることに。

(ちなみに、前回の記録を見ても1500番台でした(^^;))

Mega Webには、こども店長の等身大パネルなんてのがあったので、
携帯で写真を撮って親に送ってみたりと時間つぶし。
(お正月、実家に帰ったら、こども店長のチラシが壁に貼ってありました(^^;))

18時も過ぎ、そろそろ順番かなとZeppのほうの様子を伺うと、
すでに1600番台の入場になってまして、
あわてて入り口に向かいました。

結局、整理番号は1640番ぐらいまで呼び込んで終わりだったような。
ということは、1階に入ったのはそのぐらいの人数(+α)ということですかね。
自分が会場に入ったのが18:10 ぐらいだったので、
約1600人を入れるのにそのぐらい時間がかかる、ってことでもあったと思います。

ZEPPのキャパは2700人ぐらいらしいけど、
チケットを持たない関係者とか、2階席とかだけで
2700人 − 1600人 = 1100人
の人数になるとも思えないので、
2700人フルフルは入っていなかったんじゃないかと思います。


さて、場内に入ると、空いているのは当然後ろのほうしか無く、
しかも、寄りかかれる柵というかバーがありますけど、
あれも全く空きがない状態だったんで、
もうあきらめて一番後ろの壁側に落ち着きました。

ま、去年のGUYのライブでISSA君に握手してもらったときの
ラッキーポイント(なんだそれ?(^^;))がまだ残ってたので、
そんなにガッついて前へ前へと行かなくてもいいかなと。

なので今日は俯瞰で見ることに。


で、一人でライブに行くと、しかもスタンディングの会場だと、
会場に入ってから開演までが手持ち無沙汰でなんだかむなしいのよね。

まぁでも、BGMにはマイケルがかかってたり、
その他タイトルは分からないけど
いい感じにBlackなものばかり流れていたので、
それに体をあずけ、早く始まらないかな〜と待ってました。

そして、18:30をちょっと過ぎた頃、
客電が落ち、いよいよスタートです。

OPの曲の後、ステージの2階部分の中央にISSA君が現れました。

一番後ろなので顔ははっきり見えなかったけど、
やっぱりかっこいい!!

そして始まったのは「Summer Rider」
これを聴いただけでもう、
「やっぱり今日来てよかった〜(^^)。DA PUMP間違いない!」と思いました。

ステージですが、左右両側に階段があり、
その階段を上って2階部分があり、
その2階部分の下にバンドメンバーがいる感じ。

バンドといっても、去年のライブでもサポートしていたGakushi君
そして、ギター(とちょっとキーボードもやってたのかな)として、
m.c. A・T師匠の二人だけでしたが。

去年のライブはGakushi君だけで、
AT師匠は、1曲だけ一緒にやってましたね。
(参考:前回のライブレポ

途中のMCでISSA君が言ってたけど、

Gakushi君AT師匠で(充分)バンドになってるよね。
Gakushi君は何でもできるし。」

ってほめてました。

その通り、Gakushi君は何でもできる感じでしたね〜。

場面転換(ステージセットではなく衣装チェンジの時間)の際のBGMとして、
いい感じのキーボードを聴かせてくれたりとか、すごく頼もしい感じでした。

とはいっても、基本的には事前に準備した音源(いわゆるカラオケ)を元にして
そこに二人が音を乗せている感じでした。

そして、ラップとかコーラスですが、既に芸能ニュースなんかでも取り上げられているように、
まずは「全員がマイクを持つ」スタイルになってました。

ただ、メインでラップとかしてたのは、KIMI君、YORI君、KAZUMA君、U-YEAH君とかかな。

上にも書いたけど、
基本的には(おそらくコーラス入りの)カラオケを元にしてたと思うので、
聴こえてきているコーラスの一部は、新メンバーではなく
元のオケに入っているものだったと思います。

このあたりは、バンド3人だけでライブをやっていた、
先日のSWVのライブも同じ感じでしたね。


ってか私、いまだに新メンバーの顔と名前が全部は一致しておらず(^^;)

今回のライブを見るまで、ちゃんと把握できてたのは、
KAZUMA君DAICHI君ぐらいだったな。(^^;)

DAICHI君ってのは、最年少ってこともあって、
 だいぶいじられキャラのようです。
 これからが楽しみです。w

他のメンバーについては、
ライブ中のメンバーの挨拶というか自己紹介で、
「あ、この子は○○君ね」と理解した次第(^^;)

メンバーの挨拶は1回目のMCのときだったけど、
その挨拶の前にはISSA君
「ご迷惑やご心配をおかけしてすみませんでした」
というようなことを。

KEN君の名前こそ出さなかったものの、
やりたい方向が違うということでそれはしょうがない、
みたいなことを言ってました。

ここで、会場の隅で私は
「やっぱりGUYのライブで会ったときに握手をしてもらうべきだったなぁ。」
なんて悔やんでおりました。
昨日も書きましたけど(^^;))


うーん、KEN君はどういう方向に進みたかったんでしょうねぇ。。

今調べたら、元メンYUKINARI君KEN君は、現在同じ所属になってるようね。

その名もNEW JAP SWING PRODUCTION。(ページ開くと音が出ますのでご注意。)

なんかニヤリとする名前。

そういや私、昨日のライブの帰り道にTwitter で
「Feelin' Good」はJapanese New Jack Swing Classicsと呼んでもいいんじゃないかと思いました。

なんてつぶやいたけど、
新しいDA PUMPも、今までの道からはさして逸れずに進むんじゃないかと思うんですけどねぇ。


さて、そんなISSA君の挨拶のあとの、各メンの自己紹介でしたけど、
誰だったか、名前は忘れたけど、

「今日は、お客さんよりも誰よりも僕が一番このライブを楽しみたいと思います!」

って言ったら、他のメンバーが、

「いや、僕が!」

「いやいや、僕が!!」

「いーや、僕が!」

どうぞどうぞ

みたいなダチョウ倶楽部みたいなやりとりがあって、
かなり笑いました。w


そして2回目のMCのときには、ISSA君

「・・・・こんな感じでね、男子校ノリでやってますけれども」

なんて言ってましたが、
8人が集まってしゃべってる様子は、まさに男子校ノリな感じでほほえましい。(^^)

今回のMCで初めて知ったんだけど、
去年のライブ、そして今回のライブでも
AT師匠と一緒に歌った「From summer time...it's All Rihgt...」って曲。

これは、元々師匠の曲ですが、
DA PUMPが東京に出てきたばかりの頃、
この曲を聴いて、いいな〜、やりたいな〜、と思ってたんだそうです。

そして1stライブでカヴァーとして歌い、
その後、ベスト盤「Da Best of Da Pump」に収録されたのだそう。

へぇ〜、そうだったんだ。
あれ、私の持ってるやつには入ってないんだけど・・・
と思ったら、初回限定盤のみ収録だったのね(^^;)

でも、2004年にDVD付きで再発されているものには収録されているそう。
よし、これ買っちゃおう!



さて、私の覚えている限りのセットリストを下に載せてます。
一部、mixi情報も参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

今回のために師匠が書き下ろしたという「One Step March」という曲。
兵隊みたいな振付でかっこよかったです。

右手だけに白いグローブ、衣装にはちょっとフリンジがついた感じで、
「この流れでマイケルの曲を踊ってくれたらいいのに〜」
っと期待しちゃいました。
(結局マイケルはなかったけど)

でもあの格好で8人がシンクロして踊ってると、
Beat Itでも始まりそうな雰囲気でした。


アンコールの一番最後は、
やはり「Feelin' Good -It's PARADISE-」

やっぱりこの曲たまんない。

実は去年の11/14に、AT師匠、というか富樫明生氏のライブに行ったんですが、
そこでもやはり一番最後にこの曲を歌ってました。

もうClassicsですよね。

久保田が今でもライブでは「TIMEシャワーに射たれて…」を歌ってくれるみたいに、
彼らにもこの曲をずっと歌い続けていってほしいです。

で、すでにあちこちの芸能ニュースでも報じられてますが、
この曲の途中で、YORI君が肩を脱臼してしまったそうで。
(気合い入りすぎちゃったんでしょうかね(^^;))

私が気がついたのは、最後の最後で挨拶のときに、
「あれ?7人しかいないような・・・」
って感じだったんですが。

このとき、ISSA君はどうにか8人で終えたかったようで、
一旦ステージ袖にはけたんですよね。
Gakushi君AT師匠が演奏を続けて時間を持たせている間、
残ったメンバーでFeelin' Good をちょこっと歌ったりしてましたが、
やはりYORI君が出てくるのは無理のようでした。

ネットの情報によると、会場裏には救急車も来てたらしい。

あと、どっかのニュースサイトで見た動画では、
「トレーナーの先生にどうにか肩を入れようとしてもらったんだけど」
みたいなことを言ってたんですが、
そうだよねー、あれだけの人数があんな激しい踊りを
2時間も繰り広げるとなったら、
トレーナーの先生も待機してるよね〜、
と妙なところに納得してしまいました。

早く怪我が治ってほしいです。


そして、今回あらためて、
ISSA君の歌は唯一無二だと思いましたねぇ、ホント。

他のメンバーと同じように踊りも踊りながら、
最初から最後までずーっと歌い続けてもスタミナが切れることもなく。
高い音もファルセットではなく地声で歌ってますし。

この素晴らしい声が、スキャンダルとか不祥事とか(^^;)
怪我とかで聴けなくなるのはとってももったいないことだと思います。

4月には新曲が出ることも決まったそうですし、
(ライブの最中に聴かされたとISSA君がMCで言ってました)
これからも精進して頑張って、いい歌と踊りを届けてほしいです。



●2010.01.16(土)DA PUMP LIVE 2010 FIRST STORM @ZEPP TOKYO 18:30〜

【本編】
・SUMMER RIDER
・Rhapsody in Blue
・Coffee Scotch Mermaid
MC
・Nice Vibe!
・Crazy Beat Goes On!
・You Can Understand…(ステッキを持って踊ってた)
・Around The World
・Without you
・Bounce rihgt now!
・Sweetin' 〜la di la di〜(グッズのタオルを持って振ってた。その後そのタオルはもちろん客席へ)
・One Step March(今回初披露の曲)
 −曲の途中、メンバー2人一組となり、それぞれ型の違うダンスを披露してくれました。
・From summer time...it's All Rihgt...(AT師匠も前に出てきて一緒に歌ってた)
MC
・ごきげんだぜっ!
・One and Only
・CORAZON
・Com'on! Be My Girl!
・We can't stop the music

【アンコール】
・Delight
・if...
MC
・Feelin' Good -It's PARADISE-


約2時間ほどのライブでした。

そうそう、ライブが終わり、客電もついたので、
会場から出て、ロッカーに預けてあった荷物を出そうとしていたら、
会場から「キャーーーッ!」という歓声が。

なになに?っと戻ってみたけど、
どうやら、SHINOBU君が見に来ていたみたい。(2階で)
結局私は見れなかったんですけどね。


これからも大きなハコでやる必要は無いです。
ってかやらないでください。(笑)
武道館とかもってのほか!w

その代わり、コンスタントにライブをして、
ステキな時間を届けてください。

で、しつこいけどお花を届けてくれていた山川豊氏ISSA君はどのような関係なんでしょうか。(^^;)

ググっても自分のブログがヒットの上のほうに出てきて無限ループ(笑)



m.c.A・T
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
¥ 3,515
(2004-03-31)
コメント:Amazonには在庫はないようですが、マーケットプレイスには出品があるようです。再発でもCCCDにはこだわってるようね(^^;)

0
    posted by: Elly | DA PUMP | 17:31 | comments(0) | - |-